よしはら助産院

アクセスカウンタ

zoom RSS カフェインのこと

<<   作成日時 : 2016/05/27 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0





よしはら助産院です。



暑い日が続くようになってきました。
しかし埼玉の夏はまだまだ本気を出してはいません。
赤子を腕やお腹に抱えながら夏を越す気力体力、今から仕込んでおきましょう!
とにかく水分補給をお忘れなく



授乳中の方や妊娠中の方に聞かれることが多い、カフェインのこと。
アイスコーヒーの美味しい季節ですしね。
でも赤ちゃんへの影響を心配され、ノンカフェインのコーヒーやお茶を選択される方も多いと思います。

基本、飲食に関してはうるさく言わない私なので
「普通に飲む分には気にしなくていいですよ〜」
と伝えています。
乳腺では、実際にお母さんが食べたり飲んだりした栄養から
赤ちゃんに行く分量を調節して母乳を作っているからです。

では普通ではない多量のカフェイン摂取の量とは?
私の持っている文献には、1日に5〜10杯以上カフェインの入った飲み物を摂ることとあります。

妊娠期、胎盤を通じて胎児に影響を与えたり、授乳に影響のある量として、
たとえば

・朝起きてコーヒーや紅茶を2杯
・おやつにコーラ
・お出かけ中に缶コーヒーとかスタバとか?
・食事中に烏龍茶やコーヒー(3食とも)
・疲れた時にカフェイン入りの栄養ドリンク
・寝る前に緑茶


といった生活なら、控えた方がいいと思います。
その前に胃がやられてしまいそう…書いていていやになりました。

なので、朝やおやつタイムに1〜2杯好きなものを飲むのは我慢しなくていいですよ〜




しかし、ひとつ気をつけてほしいことは飲むタイミングだけ。

カフェインはカルシウムや鉄分の吸収を妨げることがあります。
なのでもし貧血と言われている方や、食事に鉄分を多く含むものをと気を配っている方は
食事中や鉄剤を内服する時には同時に緑茶やコーヒーは飲まない方がいいです。

サンドイッチとコーヒー、食事の時にペットボトルの緑茶飲料…
やってしまいがちな組み合わせですが、鉄分カルシウムは元気に子育てする活力に直結する栄養素。
ちょっとだけ気をつけてみてください。







先週、看護科時代の同窓会に出席してきました。
卒後16年です!ひぇー
久しぶりでも顔を見たらすぐに誰かわかり、おばちゃん達は一気に学生時代に舞い戻りました。
お互いの16年間の歩みを一気に語りまくり、学生時代の思い出話に笑い合い。
会場はさぞかしかしましかったでしょう。
科や施設は違えど看護職を辞めていない子が多かったです。みんなえらくなっちゃって〜
私もここ最近の様子(この助産院のことなど)を話すと、

「さやかが開業ってな〜ほんまありえへんなー大丈夫なん??」
「なあなあホームページのあんたの写真何年前の?ちょっと無理あるんちゃうの〜」
(学校は関西)

あぁ誰も言わ(え)ない核心をずばずば突いてくれる友のありがたいことよ…
でももう少し写真はこのままでいさせて。


楽しい1日でした







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カフェインのこと よしはら助産院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる